カード審査に通るかどうかを知りたいときは

少しでもお金を節約したいなら、余計なお金を使わないようにしなければなりません。
これからクレジットカードを持ちたいと思っている方は、まずは年会費がどれぐらいかかるのかをチェックし、出来るだけ無料で利用できるものを選んだ方がお得になります。
クレジットカードは年会費が無料、有料のどちらであっても、審査に合格しないと持つことは出来ません。
カード会社によって審査基準は違いますが、基本的には申込者の属性を元に合格か不合格かを決めているので、返済能力がないと判断されると落とされてしまいます。
本人か配偶者に安定した収入があることが条件なので、パートやアルバイトをしている人なら通りますが、無職の人の場合は通らないので注意が必要です。
年収が高いとか低いというのはあまり関係ないので、仕事をしている人なら、めったに落とされることはありません。
たとえ無職でも、年金受給者や、賃貸経営をしている人の場合は、収入があると判断され、合格出来ることもあります。
ただし過去に債務整理をしていたり、滞納の記録が信用情報機関に載っている人の場合は、カード会社が調べたときにすぐにわかるので落とされます。
カード会社は貸したまま逃げられたくはないので、そのような人にはカードを発行しないようにしているのです。
とはいえ信用情報機関の記録は一定期間で消去されるので、永久的に残ることはありません。
5~10年もすれば記録がなくなるので、それまで待ってから申し込むのもよいでしょう。
https://precca.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA